2011年8月28日日曜日

りあるバリケード

こんばんは
明日、介護福祉の学校の最後の総テストです。
今まで総テストを10回やりました。
明日が11回目で最後の総テストです!
疲れたーと言ってみますが、出席率が6割切っているそうです。
ひじょーにやばいらしいです。私。
まあいっかー。

私の今住んでいる所が、福島県相馬市というところで
あの原発のすぐ近くです。
今、原発から半径30Kmから入れなくなっています。
私の住んでいるところは、原発から半径約40Kmの位置にいます。
浜の方の津波の爪痕は不謹慎にも見に行ったのですが、
原発のバリケードがあるという所は、行ったことが無かったので
今日、行ってきました。

南相馬市を南下すること10Km
パトカーの赤色灯がテカテカ光っていて
お巡りさんが4人ほどいらっしゃいました。
バリケードの手前にセブンイレブンがあって
そこに車を停めて、バリケードをiPhoneで写真を撮ったのですが
うまく保存されてなかったみたいでした。
がっかり

15分くらいバリケードにいる警官たちをぼーっと見ていたのですが
バリケードを普通車が通るんですよ。
警官も何かの書類(?)を提示して、バリケードを通り抜けました。
防護服着てなかったよ?放射能大丈夫なの??
その前に、私も放射能大丈夫なのだろうか。

先週、私の父が一時帰国し、父の母、つまり私のおばあちゃんの家へ
一時帰宅をしてきたらしいです。
地震保険関係の書類を作るために、父はデジカメでバシバシ写真を撮ってたらしいのですが
みんな家の中だけでした。
保険屋さんに提出する写真は、外見の状態が大事なんですよね。
なぜ父は家の中しか写真を撮らなかったかと、おばあちゃんが問い詰めたところ
「だって、放射能、怖いじゃん....」
と答えたらしいです。

そんなちんけな防護服着て、原発から半径10Km圏内に入ってしまったら
絶対に被曝しますって。

YouTubeで原爆に関してのものを見た方もいらっしゃるかと思いますが
アメリカの核実験映像、研究者は宇宙服みたいな防護服を着ていて
格下かと思われる米兵は、軽装でした。
研究者は米兵の着ている服や体の放射線量を測っていました。

案の定、だいたい10年から20年後に参加した米兵の手や足が何倍にも腫れ上がり
その当時の出来事を話している動画がありました。
おっかないですよー

放射能は無味無臭で自覚症状がないので、
今、私が浴びている放射線は大丈夫か心配です。
まあ、何十年後にガンになったら、東京電力を訴えようっと。

にほんブログ村 ネットブログ セカンドライフへ
にほんブログ村
こちらクリックしていただければ、明日の総テストがんばれそうです。

3 件のコメント:

かおり さんのコメント...

やっぱり
それってちゃんと考える必要あると思う!

どーしてマスコミは
被爆のリスクをちゃんと報道してくれないの?

詰まらない事は、たくさんするのに;;

あと、早く戻ってきてね。。寂しいもん

けん さんのコメント...

遊馬さーーん
見かけないから気になってコメントしちゃいました^^

azuma Yumako さんのコメント...

かおりちゃんーけんさんー
ご無沙汰ですー
9月の連休にはインできるかと思います
(*^_^*)
ご心配とご迷惑おかけしてます
(>_<)